メインイメージ画像

コンタクトレンズの維持費を抑える方法について

コンタクトレンズにはさまざまな種類があり、用途に合わせて選ぶ必要があります。そして、その選んだコンタクトレンズの種類によって維持費も変わってきます。コンタクトレンズには大きく分けるとハードタイプとソフトタイプがあります。ハードタイプは、黒目より小さく硬い素材でできているレンズです。光の屈折を正確に調整することができるので、乱視を矯正するのに向いています。

次にソフトタイプですが、黒目より大きく柔らかい素材でできています。柔らかいため異物感を感じにくく、初めての人でも慣れやすい特徴を持っています。また、瞳よりも大きいため落ちにくくスポーツなどに向いています。では次に使用期間による違いですが、この選択により維持費が大きく変わってきます。まずは使い捨てタイプですが、終日装着して外したら捨てる使い切りのタイプです。

手入れをする必要がないので使いやすいです。次に定期交換タイプで、定められた期間内に使用して定期的に交換するタイプですが、使い捨てタイプと違って毎日の手入れが必要になります。最後に長期使用タイプですが、特に使用期間は定められていませんが、個人の使用状況と合わせて、また、眼科での検査により交換するタイプです。ちなみにハードレンズは長期使用タイプが基本で、ソフトレンズは使い捨てから長期使用までタイプがあります。ではこれらのコンタクトレンズの維持費を比較してみます。

更新情報