メインイメージ画像

寿命が長いため値段が抑えられるハードタイプのコンタクトレンズについて

ハードタイプのコンタクトレンズの特徴はソフトコンタクトレンズよりも小さいために、装着しやすいのが特徴です。目を覆う面積がソフトレンズよりも小さいために、瞳にかかる負荷が小さく瞳に酸素が良く行き届く事でも知られています。なぜ酸素が必要なのかというとコンタクトレンズを長時間装着したままでいると角膜が傷付いてしまう事があるのですが、その原因は角膜の酸素不足が大きな要因だったと言われています。現在ではプラスチックの技術革新により、素材に含まれる水を通す事によって酸素が角膜に運ばれるソフトレンズの発明や、レンズ自身が酸素を良く透すハードレンズが開発され以前よりも角膜が傷付くリスクが減少しています。

また、ハードレンズは硬いがゆえにピントが合いやすく光学性にも優れているために、一般的なソフトレンズよりも視界がクリアでシャープになり、乱視の人におすすめですが、初めてはめた時は目がゴロゴロした感じを受ける事があります。しかし、大体1週間前後で目が慣れていきます。一般的にコンタクトレンズの寿命は扱い方や眼の状態によって異なります。使用が出来なくなる主な理由としてはレンズに傷が付き破損してしまう場合や、汚れによって使用できなくなってしまう事が挙げられます。

汚れとはカルシウム、脂質、タンパク質等の涙に含まれる成分やマスカラやアイシャドウ等の化粧品が挙げられます。しっかりと定期的なケアと化粧品を扱う際は装着後に行う事にするように注意する必要があります。最近では使い捨てのコンタクトレンズがありますが、ハードレンズの使い捨てはありません。

更新情報